医療費の自己負担が高額になったとき

自己負担が高額になったとき、所得に応じて一定額を超えた額を給付

特殊な病気にかかったり、長期間入院したときなどは高額な医療費がかかり、自己負担も大きくなります。高額になった自己負担を軽くするために、一定額を超えた分が「(家族)高額療養費」として給付されます。また、あわせて当健保組合独自の「一部負担還元金」「家族療養費付加金」「合算高額療養費付加金」の給付もあります。

自己負担が高額になったとき

所得 自己負担の限度額(これを超えた負担をした場合に給付) 多数該当
標準報酬月額
83万円以上
(区分ア)

α=(総医療費-842,000円)×1%

140,100円
標準報酬月額
53万~79万円
(区分イ)

α=(総医療費-558,000円)×1%

93,000円
標準報酬月額
28万~50万円
(区分ウ)

α=(総医療費-267,000円)×1%

44,400円
標準報酬月額
26万円以下
(区分エ)

総医療費 192,000円以上

※総医療費は保険適用される診療費用の総額(10割)となります。

【多数該当】

1年(直近12ヵ月)の間に同一世帯で3ヵ月以上高額療養費に該当した場合には、4ヵ月目からは所得に応じて決められた上限額を超えた分とします

高齢者(70歳~74歳)の法定給付

区分(年収) 自己負担の限度額
個人単位(外来のみ) 世帯単位(入院・外来)
現役並み所得者 年収約1,160万円以上
標準報酬月額83万円以上
課税所得690万円以上
252,600円+α
α=(総医療費-842,000円)×1%
年収約770万~約1,160万円
標準報酬月額53万~79万円
課税所得380万円以上
167,400円+α
α=(総医療費-558,000円)×1%
年収約370万~約770万円
標準報酬月額28万~50万円
課税所得145万円以上
80,100円+α
α=(総医療費-267,000円)×1%
一般 18,000円
(年間上限 144,000円)
57,600円

※総医療費は保険適用される診療費用の総額(10割)となります。

手続き

必要ありません。原則、受診月の3ヵ月後に事業所経由で支給します。
※任意継続被保険者は指定口座に振り込みます。

ページ上部へ