亡くなったとき

亡くなったときは埋葬料(費)を給付

仕事外の理由で被保険者が死亡したときは、生計を維持していた者であって埋葬を行う者に、「埋葬料」を支給します。

また、埋葬料の支給を受けるべき者がいない場合は、実際に埋葬を行った者に、埋葬料の金額の範囲内において、その埋葬に要した費用に相当する金額を「埋葬費」として支給します。

一方、被扶養者が死亡したときは、被保険者に対し、「家族埋葬料」を支給します。

資格喪失後または、傷病手当金、出産手当金の継続受給中または、受けなくなって3ヵ月以内に死亡したときは、埋葬料を受けることができます。(資格喪失後の継続給付)
くわしくはこちら 会社を辞めたとき、定年退職したとき

受けられる給付

被保険者が亡くなったとき

埋葬料50,000円

被扶養者が亡くなったとき

家族埋葬料50,000円

手続き

埋葬料(費)請求書に、死亡したことを証明する書類(死亡診断書または埋<火>葬許可書)を添付して各事業所に提出してください。なお、埋葬費の請求の場合は、死亡証明のほかに埋葬にかかった費用の領収書を添付してください。

必要書類
埋葬料(費)請求書 書類
死亡診断書または埋<火>葬許可書の写し
埋葬にかかった費用の領収書の原本(埋葬費請求の場合のみ)
提出先
各事業所へ提出してください。

ページ上部へ